こんにちは。鈴木DMライター事務所です。

昔で言うなら大福帳。今で言うなら顧客名簿。

これって、本当に大事なのだ。

「そんなの当たり前じゃないか、わかりきった事言うなよ!」

そんな言葉が返ってきそうだ。

大切なのは、その顧客名簿に載った大切な顧客との、日常的なつながり作りに励んでいるか・・・なのだ。

今回は、そんなお話の新聞記事。

このネット記事では、日常的に顧客とのつながり作りに励んでいた結果・・・

 今回のコロナ禍の影響で、一度は先々の予約が0になったにもかかわらず、既存客向けに弁当を販売したところ、前年比150%を売り上げた予約制レストランの例。

 その他2件、顧客とのつなかり作りをしっかり行っていたおかげで、お店の危機を乗り越えた。そんな事例が紹介されている。

 

名古屋の飲食店が「コロナ禍でも前年比150%」を叩き出せたワケ 6月18日配信 (出典元 プレジデントオンライン)

【プレジデントオンライン】

https://president.jp/articles/-/36135 

 

 営業自粛が解除され、以前のようにとまではいかないが、徐々にお客様が戻ってきたお店も多いと思う。

 しかし、コロナ禍は第2波、第3波の襲来も懸念されている。

 この機会に、この新聞記事で取り上げられた3件の事例のように、売り上げの強い支えになる”顧客とのつながり”をしっかりと作ってみてはいかがだろうか、と思うのである。

  

★☆★…*★☆★

【発信者情報】

招き猫ちゃんのようにお金と人を惹きよせて、
えびす様のようにニコニコ商売繁盛
そして、ブタさんのようにまるまると豊かなご商売と人生を!

結果にワクワク♪の広告屋 鈴木DMライター事務所 鈴木光治

〒553-0003
大阪市福島区福島4-6-2  吉川産業ビル 206

このブログのURL:https://kyoukan-chirasi.com/

鈴木DMライター事務所のホームページ
https://kyoukan-copy.com

★☆★…*★☆★